東南アジアの港 Edit

asia_town2.JPG

→東南アジア交易情報

ペグー Edit

同盟港・イスパニア(係争国・イングランド)
言語・
参考・欧州向け宝石のルビー・真珠を産出、また宝石4種が陳列されると思われるため、宝石取引修行地を持たないイスパニアにとって重要な港となる。
07.1.15 ルビーが公開され、宝石全種が陳列されました。

大豆食料品C1 
絹生地織物C3 
木材工業品C2セイロンで白鉱石を掘るときに、便利
鼈甲宝石C4ジャカルタC4クエで3個納品(セビ行き)
真珠宝石C4名産判定無し。北欧で高い。
ひすい宝石C4
ルビー宝石C4名産

アチン Edit

同盟港・イスパニア(係争国・ネーデル)
言語・
参考・インド圏と最も近い港の1つであり、C1で購入可能なサイカクは100%相場で@2k程度の利益が見込める。またマスリパタムより程近く、織物耐性がないため、インド圏より高額となるマスケットのための織物による暴落調整が安易である。

鶏肉食料品C1
コショウ香辛料C4 
サイカク医薬品C1 
龍脳香料C4
象牙宝石C4投資(発展度?)が必要

マラッカ Edit

同盟港・イングランド(係争国・ポルトガル)
言語・
参考・実装当初、バレンパンに産出する金・真珠の売却地として英葡間で熾烈な投資戦が発生した。バレンパン産金・真珠の購入価格が修正されたため、投資戦は沈静化した。羽毛生産による経験値取得では最も効率のよい港となっている。

コリアンダー香辛料C4 
スズ鉱石鉱石C2 
タロイモ食品C1 
家畜C1 
パチュリ香料C4 
ラミー繊維C3紙生産用の材料
安息香香料C4 

パタニ Edit

同盟港・ヴェネツィア(係争国・イスパニア)
言語・
参考・高レベル軍人の修行拠点となっているため、治安には注意が必要。嗜好品3種・染料2種がC2で積めるため、香料商向けの取引修行地である。この地に産出する真珠も購入価格に修正が入ったため、投資合戦も沈静気味である。

ココナツ嗜好品C2 
シナモン香辛料C4 
ターメリック染料C2 
ドリアン嗜好品C2 
ナンプラー調味料C1 
パパイヤ嗜好品C2 
マンゴスチン染料C2 
真珠宝石C4 

バレンバン Edit

同盟港・ネーデルランド(係争国・ポルトガル)
言語・
参考・インド方面との交易が期待されるサイカクの産出港である。実装当初近距離交易の主力として期待された金・真珠は2度にわたる購入価格の調整により、周辺港との交易で十分に利益を上げることは難しくなった。従って、バレンパン-マラッカの金交易に端を発する投資戦は終了したものといえる。

サイカク医薬品C1名産 
シナモン香辛料C4名産 
タマネギ食品C1 
貴金属C4取引R×1個 
真珠宝石C4取引R×2個
木材工業品C2 

ヤーディン Edit

スラバヤ Edit

同盟港・ネーデル(係争国・なし)
言語・
参考・この港で産出されるとされる金細工は、周辺では売却額は安いが、インド圏では高額で売却可能である。東南アジアからインド圏への中距離交易の主要交易品として期待される。しかし現在係争国がないため、金細工が近日中に一般公開される可能性は非常に低い。
発展:30000で金細工が公開される可能性があります。

ジャワ更紗織物C3名産 
タロイモ食品C1名産 
バナナ嗜好品C2 
金細工工芸品C3 
綿花繊維C3 

ジャカルタ Edit

マカッサル Edit

同盟港・フランス(係争国・ネーデル)
言語・
参考・この港に産出するクローブは、ナツメグと同じくサファイヤ・ルビーに次ぐ利益を上げることの出来る交易品である。また、ジャカルタ→セビリア行きのC4クエは鼈甲3個納品のため、この港へ立ち寄る可能性は高い。

鼈甲宝石C4名産。取引無しで3個購入可 
クローブ香辛料C4名産 
バナナ嗜好品C2名産 
調味料C1 
鉄鉱石鉱石C2 

ルン Edit

同盟港・イスパニア
言語・
参考・この港にて産出するナツメグは、相場次第ではあるが、ルビー・サファイヤ並みの利益を上げることが可能である。地中海に港を数多く確保し、香辛料耐性を持つ港を持つイスパニアにとって、重要な交易品と考えられる。一方香辛料であるため、運搬中の防火対策は必須である。初期産出量が低く、購入価格も廉価であるため、同盟港であるメリットは薄い。

タマリンド調味料C1名産 
ナツメグ香辛料C4名産 
ミント香辛料C4 
魚肉食品C1 
大豆食品C1 
白檀香料C4名産 

ジャンビ Edit

スマトラ島の中央部に位置する、ジャンビ人の街。熱帯雨林に覆われ、林業が盛ん。イスラムの影響を強く受けているが、郊外には仏教の建物も見られ、歴史や文化が混在している。

ロッブリー Edit

チャオプラヤ川流域の街。10世紀までラウォーと呼ばれていた。クメール系モン人たちの都市として知られた後に、アユタヤの重要都市として栄えた。

クチン Edit

カリマンタン島の中部西岸に位置する街。北東にあるブルネイを本拠地とするブルネイ王国の支配下にある。クチンは現地の言葉でネコを意味する。

ブルネイ Edit

カリマンタン島北西岸の街。海上の貿易ルートの中継地点に位置していたこと、湾の奥にあり、船の停泊に適した場所だったことなどから、風待ちの寄港地として繁栄した。また、カリマンタン島の巨大なジャングルへの入り口となっている。

マニラ Edit

ルソン島中央部の西側マニラ湾奥に位置する街。ルソン島最大の街として周辺海域では知られており、バターン半島がマニラ湾と外界を遮っているために、交易拠点として優れた立地にあった。交易所では、香料や繊維など特色のある交易品が流通している。

ダバオ Edit

ミンダナオ島の南岸に位置する街。ミンダナオ島は気候が安定しているため、農業に最適な土地である。さらにダバオは海側に山脈を持つため、嵐の影響を受けにくい。

ディリ Edit

ティモール島の東部北岸に位置する街。ティモール島は古くから白檀の産地として知られ多くの交易船が来航している。近年は、ヨーロッパの交易船の来航が目立つようだ。

テルナーテ Edit

同盟港属性の開拓地
モルッカ諸島北部に位置するテルナーテ島東海岸の港。
テルナーテ島の中心都市であり、クローブの名産地としても知られる。 マレー人がこの地に移住し興したテルナーテ王国はインドネシア東部の広い範囲を統治していた。

アンボイナ Edit

同盟港属性の開拓地
マルク諸島南部に位置するアンボン島、アンボン湾内の港。モルッカ諸島、バンダ諸島など香料の名産地の中間にあったため、香料貿易の重要な中継港として栄えた。 交易所では香料諸島の名に違わぬ豊富な香料を目にすることができる。

ホロ Edit

海賊島
フィリピン南部に位置するスールー諸島の中心地。 15世紀の中頃に、スルタンのアブー・バクルが支配するスールー王国というイスラム王国が成立した。


リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-19 (水) 08:43:25 (3312d)